FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by MIKI
 
[スポンサー広告
母のこと
ワタシの母は認知症です。まだ70ちょいの年齢ですが、治療を始めて1年半になります。

いま、ワタシはずいぶんと穏やかでいられます。
つらかったのは、”お母さんおかしい”と思い始めてから、それをまるまる受け止めることができるまでです。
それが、丸2年になります。
云い合いもしたし、何度泣いたことか。
でも、仕方ないんです。母は病気なんだから。

もともと、ワタシのことは好きじゃなかった母が、数年前からさらに、キツく当たってくるようになって、、、ワタシもキツく当たってやった。ワタシは、母の性格が悪くなってきただけと思っていたけど、それに物忘れが出てきて、”あれ?、、、認知症じゃない?”って気づきました。
これが、病院に連れて行くのが大変だのなんだのって。夫が持ち前の穏やかな説得力で半年かかって受診することができました。

それからも、ワタシは母の言動が理解できず、批判したり暴言を吐かれたり泣いたりしました。
話して解り合える段階では、ないのです。残念だけど、母の心に響くことを云おう、なんてことは無理。ありのままの母を受け止めるしかないのです。
、、、いや、もうね、身内だと思うといろんな感情が出ちゃうので、”よその人”の言動だと思うしかないんだな、と実感。
よその人ならワタシも優しくできます(笑)。
物忘れや失行が進んでいく中で、本人が不安を抱え混乱している、ということを知って、母の言動を否定しないことにしました。これは、デイサービスの職員の人の母への対応を見て考えさせられたことです。

そんなこんなで、ようやく、母の言動にワタシの気持ちの波風が揺らぐことが少なくなってきました。
、、、ここまで来られてよかった。ワタシの父は母と一緒に住んでいるのでワタシなんかよりずっと大変だと思いますが、父と一緒にがんばります。

なんて云うか、、、今にして、いい親孝行の機会を与えてもらったと思っています。
ワタシはあまり母のことが好きじゃなかったのですが、向き合わざるを得ないことで、良い面を見ることもできました。”案外カワイイとこあるじゃないか”とか、ふと見せる優しさや愛嬌、母のことをいとおしく思うことがあります。

これから、もっと大変なことに遭遇するでしょうが、ひとつずつ乗り越えていきます。

あ、、、
仕事、いろいろあって辞めちゃったのだけど、余裕ができたらまた復帰したいです。
ワタシ自身のこれからのことも、きちんと考えるよいきっかけになっています。


sIMG_3814.jpg
この子たちも支えになってくれています。ありがとう。


Posted by MIKI
comment:2   trackback:0
[]  thema:医療・病気・治療 - genre:心と身体
comment
まずは…仕事、辞めちゃったんですか。
でも、そんな状況だもの、しょうがないですよね。
ゆっくりゆっくり時間をかけてまたいい仕事を探しましょう。

母は68になろうとしていますが、パーキンソン病です。もう発覚して2年ぐらいになるだろうか。日増しに震えや猫背がひどくなってきています。薬の飲む量を増やしてみたらどうとかいろいろ提案してるのですが本人が頑固で、まあ考えてみるわとか言ってさらっと受け流されてしまいます。
うちのばあちゃんがアルツハイマーだったんですが(享年85)、徘徊するにもすばしっこくって、捕まえられないんですわ。普段は杖を頼りによぼよぼと歩いているくせに逃げ足は駆け足(笑)。老人ホームに入れたら二階から飛び降りるとか脅して娘の母を呼べと要求するわ(どんなババアやねん)、おやつを持っていったら2日分全部食べて下痢したりとか…。かといえば朝の5時にほかの居室のドアを叩きまくって起こしたりとかして迷惑かけまくりでした。
いずれにせよ元気にぽっくり、ってのは難しい時代になってきたんじゃないかと思います。医療や医薬の進歩で昔だったら治らない病気が治っちゃうんですから。
そういう私も患って15年になります。長患いですね。気長にのんびり構えていますよ。
2014/05/22 19:48 | | edit posted by シュワルツ・カッツ
>シュワルツ・カッツ さま
仕事は、母のことだけじゃなく、他にも事情があったんだけどね。
一度、仕事の機会を得られただけでも良しとします。

お母さま難儀な病気ですね。体の自由が失われていくのもつらいでしょうね。
お母さま、頑固ですか。ウチもです(笑)。素直に提案を受け入れてくれると、助かるのにね。
認知症って、まわりが振り回されて当の本人はまともだと思っている、そういうものだと思っていました。
でも、ちょっと違うのかなと今は思います。本人も”あれっ?”って変だと感じてるのかもしれません。
若年性の認知症も増えてるみたいだし、ワタシも母と血を分けてるので、自分もなるかもしれないと思うと怖いです。

>そういう私も患って15年になります。
いろんな大変なことを一つずつ乗り越えてこられたんでしょうね。そうですよね、気長に構えるのが良いかと。悪いこともあればイイことだってあるし。
2014/05/26 08:32 | | edit posted by MIKI
comment posting














 

trackback URL
http://hinachoco.blog54.fc2.com/tb.php/154-96481b58
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。